全裸アートの真骨頂、5000人の裸の女性で埋め尽くすヌードアートが超圧巻!

【CMNF】5000人の裸の女性で埋め尽くすヌードアートグラビアが超圧巻!大人数の裸の男女が路上や公園、海岸などに集まって撮影された写真を見たことがあったけどちゃんとしたアート作品だったんですね~、全裸群集アートの巨匠スペンサー・チュニックというアメリカ人写真家の作品だそうです。

近寄って一人ひとりを見るとアートの欠片もないです。
全体の中に粒のように並んだ人間の抽象的な像と配置から生まれる形成術とスペンサー独特のセンスが組み合わさって初めてアートに成り得るんだろうと思います。

山岳地帯で全裸になる男女100人

スペンサー・チュニック(Spencer Tunick, 1967年1月1日 – )は、アメリカの写真家。彼は、大人数の裸の人々が芸術的な編成で姿勢を整える姿が特徴の写真で有名である。それらの写真では、あまりにも多くの人間が身を寄せ合って写真に収まるため、個々の裸体は抽象的なものとなる。インスタレーションという技法を用いて、世界中の都市で撮影が行われることも少なくない。また郊外の森林や海岸でのインスタレーションも行われており、さらには個人撮影や少人数の撮影もたびたび行われている。
スペンサー・チュニック – Wikipediaより。彼のウェブサイトはこちら

ピックアップ!

全裸アートの真骨頂、5000人の裸の女性で埋め尽くすヌードアートが超圧巻!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 無人島で男女300人が乱交パーティしたら・・・ | 世界の美少女ヌード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの記事はが書いています。

ニュース」カテゴリの最新記事